誰にも言えない

  • 切ない
  • 短編集
  • 社会人

書籍情報

概要・管理人の感想

最終更新日:

描き下ろしを含めた短編集ですが、そのうちの一つ『エンディング』が百合です。
職場恋愛をしている恵と静実(つぐみ)のお話です。この本のタイトルにある通り、「誰にも言えない」恋愛をしています。
二人は確かに愛し合っているのですが、誰にも言えない故にすれ違ってしまったり依存したりしながら一つのエンディングを迎えることになります。
私は正直静実の行動にイラッとしてしまいながら読んでいました。しかし恵も静実もツラい思いをしているんですよね。恵が静実の両親と食事をするシーンは息が詰まるようでした。。
そして、二人が辿り着いたエンディングとは…

一冊全体の百合としては少ないですが、他のお話も大人な恋愛漫画で面白いですよ。ドロドロした想い等が湧き上がってきます。。

幼馴染みという、それ自体もうどうにも恥ずかしい関係──。「その記憶」から始まる恋を描いた表題作含め長短6本+描きおろし1本を収録。甘く気だるく切なく痛い恋愛物語の旗手の作品集。
引用元:楽天kobo

誰にも言えない

PAGE TOP